声優への道

【お金の話】声優の年収、月収はいくら?【声優業界は格差社会】

2017/01/30

声優になりたい人も、そうでない人も、
気になるのは声優さんはどれぐらい稼いでいるか
ということではないでしょうか?
非常に厳しいと云われる声優業界のカネと格差。
なりたい人は、是非一度はご覧いただきたい内容です。
今回は声優の年収の話です。

 



スポンサーリンク

seiyuu11

声優の給料形態

実は事務所や声優さん個人によって、その形態は変わってきます。月給制で働いている声優さんもいれば、業務契約を結び仕事があればギャランティが入る形態もあるのです。ちなみにギャラの30%前後は事務所に入りますので、実質的にはギャラの70%が声優の稼ぎになります。もちろん、この70%には税金が掛かってきますので、手取りは60%前後になってしまうのです。

 

アニメ1本の出演料

気になる出演料の話になりますが、単発出演かレギュラー出演かでギャラは左右されます。

 

新人声優の場合、単発出演時の報酬が1万5000円程度。レギュラーの場合は、4~5万円程度となります。1クルー(3ヶ月)12話のアニメにレギュラーで出演できれば50~60万円前後を稼ぐことができますが、3ヶ月で12本のアニメに出演しても全て単発なら18万円です。やはり、レギュラーを貰える技術や人気があるかないかで、収入が変わりますね。

 

レギュラーを貰っても3ヶ月で50~60万ですから、月に直すと16~20万円程ですね。ここから事務所が30%持っていくので……雀の涙程しか残りません。

 

ちなみに月単位で10本のアニメに出演できる声優は、全体の1割だと云います。なんであれ、新人時代は専業で食べては行けなそうです。

 

CMナレーションや洋画吹替えのギャラ

アニメ出演だけで食べていくのはかなり難しい事がわかりました。しかし声優の仕事はアニメの声当てだけではありまえん。CMナレーションも声優の仕事です。

 

ナレーションは新人でも1本5~6万円程貰えるようです。海外映画の吹替えについても5万円程稼ぐ事ができるそうです。かなり美味しい収入源には、なりそうですね。

 

声優の年収は結局いくら?

声優さんは人気商売のところもあるので、やはり格差が出やすい仕事と言えます。まず夢をお見せしますと、最大年収は1000万円以上を記録しています。20年以上のベテラン声優なら、これぐらいは稼げるみたいですね。

 

では、平均についてお伝えします。平均年収は350万円という試算がでています。

 

しかし、格差がものすごいので、皆が平均で貰えるということは無さそうです。

 

まとめ

かなり微妙な金額でしたね。しかし、人気声優なら1000万円の年収が入るようなので、少しは夢が見られたかな?

 

なんであれ、人気商売。誠実に作品やファンと向き合った結果が年収に変わるのだと思いますね。



スポンサーリンク

 

-声優への道