声優への道

【声優の人生設計】40代からのセカンド・ライフを真剣に考える

2017/01/30

競争の激しい声優の世界。無事に声優になれても、
毎年のように実力ある新人が出てきて、
いつ自分の地位が脅かされるかわかりません。
仮に引退したとしても、声優業は正直潰しの利く仕事とは云えません。
そのときどうすれば良いのか、
それを声優になる前から真剣に考えてみましょう。



スポンサーリンク

声優の人生設計

毎年声優を目指し、沢山の方が声優学校や声優養成所に入校してきますが、その中でどれぐらいの方が人生設計をキチンと立てているでしょうか。きっと、声優に絶対になって人気者になってやるとやる気に満ちているでしょうが、引退後やピークを過ぎたあとの立ち回りは考えていないのが殆どの方だと思います。そもそも夢を追っかけているのに、そんな事を考えている人はいませんよね。しかし、セカンド・ライフを考えることで、声優学校で自分が何を学び、何を伸ばせば良いのかという事が分かれば、声優としてかなりの強みになるのではないでしょうか。

 

現在の声優さんは、かなり激しい競争にさらされています。特に女性は20代の内はアイドル声優として売り出されるが、人気に限りが出たら捨てられ、新たなアイドル声優が売られ出すという切り売り商法が蔓延しているように見受け取れます。男性声優に関しても、40代まで残っている声優は選ばれた人気声優のみです。毎年のように、実力のある新人がデビューしてきます、いつまでも自分の地位は安泰ではありません。事務所や業界から後進に道を譲ることを勧められる事もあるでしょう。もしそんな事になった時どうするか。そうならないようにどうするか。それは声優になる前から考えておく必要もあります。なぜなら、それがアナタの声優としてのウリになるかもしれないからです。

 

40代から考えられる道

さて、では実際にどのような立ち振る舞いをすればいいのでしょうか。それはアナタの実力やタイプ、性格によってセカンド・ライフを決めていけば良いと思いますので、ここに一部紹介していきましょう。

一生(レジェンド)声優コース

これは本当に選ばれた人のみであり、声優界のレジェンドと呼ばれる人たちが選んだ道です。声優としての人気はもとより、技術力、カリスマ性や個性が必要となります。また運を味方につけれる強運の持ち主でもあります。国民的アニメや長寿アニメと呼ばれる作品のレギュラーキャストを張れる実力と運が必要ということです。

 

レジェンドと呼ばれる人たちの名を上げると、野沢雅子さん、田中真弓さん、戸田恵子さん、高山みなみさん、松本梨香さん、矢島晶子さんなど、国民的アニメ、長寿アニメの主役を務めている方や、神谷明さん、若本槻夫さん、大塚明夫さん、緒方賢一さん、古川 登志夫さんなどのように個性派で実力が高く、外画などでも活躍される超一流の声優さんばかりです。

 

この道を選ぶ方は、並大抵の努力ではたどり着けません。声優学校を主席で卒業しても、行き着くかどうかはわかりません。未知数です。絶対的な実力とセンス、そして他にはない唯一の個性。自分にしか絶対に出せない声を取得しなければ道は開けません。もしかしたら横並びで教える声優学校に行くことすら間違いかもしれませんよ。独自で編み出した唯一の個性を武器に、他の学生、いや他の一流声優陣をなぎ払い圧倒させる絶対的な技術がなければいけないのです。

 

タレント特化コース

この道は、声優としてのタレント性を十分に発揮しマルチに活躍するコースです。この道で成功されている方は、山寺宏一さんではないでしょうか? もちろん山寺さんは声優の技術もピカイチですし、個性派声優の一人でレジェンドコースに分類もできますが、タレント特化の代表例を上げると山寺さんが唯一無二の存在ではないでしょうか。

 

一般の方にも山寺さん名前は知れ渡っており、知名度は抜群です。それは長くテレビ番組『おはスタ』のメインMCを務め上げたという実績がものを云っています。それ以外にも数々のテレビ番組に出演、モノマネ番組にも長く出演されており、山寺さんは自身のタレント性をいかんなく発揮しています。声優としてバラエティ番組に出演し続けることで、誰もが知る人気者として長く声優界に居れることを証明しているでしょう。

 

これに必要なのは、声優としての個性だけでなく、タレントとしての個性も必要ということです。それは他のテレビタレントに匹敵するタレント性、エンターテイナーとしての力量です。同じくレジェンド扱いにもなりますが、林原めぐみさんもこのコースに分類されると思います。今なおカルト的人気を誇る林原めぐみさん。アイドル声優の先駆けと云ってもよいでしょう。そんな林原さんも強力なタレント性を持つ声優さんであり、今なおラジオ番組を持っている声優界のカリスマです。やはりこちらのコースも、レジェンド同等や匹敵する声優としての実力やセンスが必要なのでしょう。

 

もしアナタが、ものすごいカリスマ性を持っていて、トークが上手く、人を絶対に楽しませる事に自信があるなら、このタレント特化コースを選ぶと良いかもしれません。

 

アーティスト特化コース

このコースはアイドル声優の進化版といえます。なんといっても歌唱力に絶対の自信がある、プロのアーティストに匹敵する実力をお持ちの方が進むべきコースです。もちろんこの道を進んでいる方は水樹奈々さんになります。個人での紅白出場を果たしている水樹さん。最近はNHKとも強力な信頼関係が築けており、のど自慢などの番組や、他の教養番組にも呼ばれていますね。

 

絶対的な歌唱力が必要とされ、容姿についても考慮されるでしょう。作詞作曲ができる、アーティストとしてのタレント性、カリスマ性が必要であり、もちろん声優としての人気も必要とされます。アイドル声優を目指し、歌唱力に自身がある方は目指してみるとよいでしょう。

 

役者コース

純粋に演技に自身があるなら、俳優、女優として活躍の幅を広げる事も可能です。最近は声優さんが集まって演技の勉強の為に舞台をやるケースが増えていますね。ですかここで紹介するのは、役者として実写映画やドラマに出演するということです。

 

最近では、高木渉さんがNHKの大河ドラマ『真田丸』に出演しました。緒方賢一さんは朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』に出演。入野自由さんはフジテレビ月9ドラマに出演するなど、最近は声優さんがドラマや映画に出る事が多くなってきました。

 

この流れは非常に良いと思います。今後もこの流れは加速すると考えられますね。身体を使う演技が得意、演技なら誰にも負けないという方は、このコースを視野に入れとも良いのではないでしょうか?

 

声優育成者コース

もしも声優を引退した場合、どんなコースがあるでしょう。考えられるのは声優の卵を育てる講師としての道です。現時点でも声優を養成する機関は沢山あります。機関があるということは、教える講師・育成者が必要ということです。

 

もちろん講師となると、実力がない人には無理な話です。声優としての基礎、技術が備わっており、なおかつ教える事を得意としている方が進める道です。しかも教えるのは歳の離れた人たちであり、ドがつく素人も多いでしょう。その人の進捗を見ながら的確なアドバイスができる、また歳が離れていても円滑なコミニュケーションが取れる人に適性があります。

 

もし、人に教えることが好き。良く他人から教えるのが上手い、わかりやすいと言われる方は考えてのいいかもしれません。

 

また育成者とは講師だけではありません。声優事務所のマネージャー。これも立派な育成者となりえます。マネージャーの場合は、制作サイドとの調整、担当声優のマネジメントが必要となるので、単純に教えるのが上手いだけではなく、経営のできる方が求められます。

 

逆に経営やマネジメントがものすごく得意という方もおススメです。マネージャーとしてだけではなく、事務所自体の経営や、独立も視野にいれられます。

 

まとめ

どうでしたか。自分に合いそうなコースはありましたか。もし、今のうちに見つける事が出来れば、その為の勉強や訓練を考えて、早い時期から行動に起こせます。アーティストコースを目指すなら、声優としての演技の訓練と同等に歌唱力をつける訓練も必要になってくるでしょう。そしてそれは、あなたにとって大きな声優としての個性、武器になります。人とは違う声優を目指す事が出来れば、必然と業界内でのアナタの地位は向上していくでしょう。

 

将来設計は早いうちから考えておいて損はありません。どうか声優界の唯一無二の存在になってください。



スポンサーリンク

 

-声優への道