アニメ関連

【ファン困惑】ラブライブ!サンシャイン!が実写化!?【映像クオリティはNHK並み!】

人気アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』が遂に実写化され、
ネット上で大きな反響になっています。
既にYouTubeで公開されており、そのクオリティにファンが困惑しているといいます。
果たしてファンが困惑する内容とは一体なんなのでしょう。
キャスト? 映像? その理由を追って行きたいと思います。



スポンサーリンク

 

実写映像化!スペシャルムービー公開

エイプリルフール前日の3月31日。その映像は突如としてYouTubeに公開されました。公式サイトでも、アクセスすると自動的に映像が流れる仕掛けになっており、速報! 実写映像化という文字が流れ、ムービーが進みます。

もちろんラブライブという事で、歌あり踊りありのエンターテイメントムービーになっており、視聴者を楽しませてくれます。気になる配役キャストは、なんと引き続き声優陣が担当されており、多少の違和感を感じつつもキャラクターのイメージを保ちながら制作されていますね。

そしてなんと云っても、制作の力の入れようが凄まじいと感じることができる映像に圧巻されます。ネット上ではNHKを凌ぐ映像クオリティだと絶賛されていますが、やはり実写化とあって困惑しているファンがいることは事実ですね。

 

 

気になるストーリーは?

さて実写作品のあらすじですが、ある日、桜内梨子が海辺を歩いていると意識が朦朧となり、気がついたら高海千歌と渡辺陽と一緒に3匹の子豚になっていたという内容。童話の三匹の子豚、浦島太郎、桃太郎、カチカチ山、めだかの学校などを下敷きにしたストーリで、スクールアイドルを目指す少女たちの冒険が描かれています。

もちろんラブライブ!サンシャイン!!メンバー総出演で、最後はステージで全員で歌って終わるという、インド映画さながらなエンディングになっていますね。

 

 

制作の本気を見た! 無駄に高いクオリティ

さて、ネット上で話題になっているのは、その映像クオリティーです。そして、そのクオリティこそ、ファンが困惑している理由とも云えます。当サイトでは、その画像を手に入れました。

それがこちらです。

 

どうでしょう、この見事なクオリティー。NHKの人形劇を彷彿とさせ、それに勝るとも思える人形の出来です。

 

そしてラストのステージ。アニメーションとは違う迫力があると思いませんか? これぞ実写の醍醐味ですね。

………………

…………

……

そうです、実写化とは人形劇のことだったんです(笑)

やはり期待していたファンの方の中には批判されている方もいるようですが、多方は好意的に受け止めているようですね。完成度が高いと好評のようです。パペット人形についても、出来は決して悪くありません。丁寧に仕上がっており、メンバー全員の人形を作成した方の仕事ぶりには脱帽です。BDの特典にして欲しいとの声も寄せられていますね。

劇中で発せられた『シーラカンス!サンシャイン!!』は今年の流行語で間違いないでしょう(笑)

 

 

まとめ

『ラブライブ!サンシャイン!!』の実写版は、4月1日24時を持って公開を終了しました。完全にエイプリルフールネタでしたね。しかし、多くの方が楽しまれ、続編への期待も高まっています。見逃した方は残念ですが、BDの特典や再公開に期待しましょう。



スポンサーリンク

 

-アニメ関連