女性声優

【性格悪すぎ!?】林原めぐみがアニメファンと小競り合い【非難の嵐】

90年代に圧倒的人気を博した声優の林原めぐみ(はやしばらめぐみ)さん。
閣下などの愛称で呼ばれ、今なお根強いファンが付いているレジェンド声優のひとりです。
長らくアイドル声優の王座に君臨していた林原さんですが、
実は性格が悪すぎるという噂が舞い込んできました。
今回は林原さんの気になる噂を追って行きたいと思います。



スポンサーリンク

 

林原めぐみ略歴

1986年頃から声優として活動されている林原さん。90年代には『スレイヤーズ』リナ・インバーズ役や『新世紀エヴァンゲリオン』綾波レイ役など、多数の人気主人公、人気ヒロインを演じてきました。噂ではテレビ放映にて17:00から19:00までの間に林原枠が設けられていたとも云われていますね。

人気声優として、数々の作品に出演すると同時に、アイドル声優として歌手活動も行っており、オリコンチャート最高第3位になるなど、当時では考えられない快挙を遂げています。アニメージュで行っているアニメグランプリ声優部門ではV7を達成、通算では12回獲得しており、この記録は今なお破られていません。というか今後破られる事はないようにおもいます。

 

 

林原めぐみは性格がわるい?

人気者にはアンチが付き物ですが、林原さんも絶頂期は人気の反面、アンチも非常に多くいました。今も昔も、アンチへの対象法は無視するというのが常套手段として取られていますが、林原さんは真っ向から反撃をしていたといいます。

林原さんは物事をはっきり言う性格のようで、ファンであろうがルールを無視する人や、マナーを守らない人にはズバッと明確に批判、非難をされていたそうです。それこそ、嫌われても構わないというスタンスだったようですね。ルールを守らないファンを睨んだり、イベントの進行を妨害しようした相手に真っ向から注意してお客さんと小競り合いを起こした事もあるようです。一緒にイベントに参加していた日高のり子さんは『このままではこの子は嫌われてしまう』と思い必死にフォローしたそうですが、共演者にそう思われるほど、林原さん自身も相当ヒートアップしていたことが伺えしれます。

林原さんはアンチに対しては徹底的に叩き、言葉も相当キツかったといいます。中には割ったCDを送りつけたという仰天エピソードまで存在するのです。その為、林原さんを嫌う人は皆、彼女の口の悪さや性格の悪さを指摘していますね。

しかし、それも昔の話。林原さんが若手時代のエピソードであり、現在は丸くなったと云われています。

 

 

林原さんの本性は天使?

さて、林原さんは性格が悪いと云われている事を書いてきましたが、中には真逆の噂が存在します。それは、林原さんは天使だというのです。

実は言うと、林原さんは看護師資格を持っているそうです。そう白衣の天使だったんですね。ですが、声優になったきっかけは、看護学校の受付嬢の態度に腹を立てて、そこらで買った雑誌に声優養成所の生徒募集広告を見て勢いで応募したのが始まりなんだそうで、やっぱり気が短い性格のような気もしますね。

ですが、その看護の知識を活用し、体調を崩したファンが居ると聞いて自ら手当をされたというエピソードが存在しますね。また、若手声優にアドバイスしたり、当時若手で仕事が少なかった堀江由衣さんや水樹奈々さんに服をあげたりしていたといいます。自分を慕ってくれる相手に対しては暖かく迎え入れてくれるみたいですね。

以前、偽サインが出回った際には、偽物をファンがオークションで落札しないように、以後自信が書くサインには必ずファンの名前も記入して本物と偽物が区別できるように配慮をされていますね。

そもそも林原さんの性格は明るく前向きであり、きっぱりと物事を言うようになったのは小学校時代にイジメを経験され、その経験から強くなったと自身を語っています。林原さんは攻撃されれば反撃しますが、林原さんから先制打は出しません。自身のファンについては分け隔てなく大切にされており、それはあえてファンクラブを作って優越を付けないという方針からも現れています。ファンの方も林原さんのファンに媚びない、真っ直ぐな言い方や性格に惹かれているそうです。

 

 

まとめ

林原さんは心無いアニメファンには容赦しないが、自身を慕うファンは大切にしている白衣の天使の資格持ちだということがわかりました。現在のアニメ業界に多大な影響を及ぼしたアイドル・アーティスト声優の先駆けが、今なお根強い人気を得ている理由は、そのまっすぐな性格に惹かれている人が多いからではないでしょうか。今後の活躍にも期待したいですね。



スポンサーリンク

 

-女性声優